アッレグリ、秘策を披露か | ユベントス・ジャーナル

アッレグリ、秘策を披露か

image@www.juventus.com

今シーズン初となる3−4−3採用か

多くの故障者を抱えるユベントスは勝利が必須となるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節オリンピアコス戦で、今シーズン初となるシステムを採用する可能性が出てきた。27日、イタリア紙『TUTTO SPORT』が伝えている。

同紙の予想スターティングメンバーによるとGKにはジャンルイジ・ブッフォン。DFラインには左よりジョルジョ・キエッリーニ、アンドレア・バルザーリ、ダニエレ・ルガーニが並ぶ。

MFでは中盤の底にはブレーズ・マトゥイディ、ミラレム・ピャニッチを配し、両翼にはアレックス・サンドロ、ファン・クアドラードの4人。FWにはマリオ・マンジュキッチ、ゴンサロ・イグアイン、パウロ・ディバラの3トップを予想している。

オリンピアコス戦が近づくにつれて、多くのメディアが3−4−3を予想。またメディアによってはDFの一角にメフディ・ベナティアや両翼の一角にドウグラス・コスタが入る報道もなされていた。

勝利必須のオリンピアコス戦で、マッシミリアーノ・アッレグリはどのようなスターティングメンバーを選択するか、注目が集まっている。現在多くの故障者を抱えるユベントスにとって、3−4−3の秘策は怪我の功名となるだろうか。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。