アッレグリ「優勝を目標にすることはできない。それは夢だ」 | ユベントス・ジャーナル

アッレグリ「優勝を目標にすることはできない。それは夢だ」

image@CalcioMercato.com

昨シーズンの経験を糧に

ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリはUCL(欧州チャンピオンズリーグ)バルセロナ戦の前日会見に臨んでいる。現地時間11日、公式サイトや各国メディアが伝えている。

アッレグリは「UCL優勝を目標にすることはできない、それは夢だ」とし「UCLの夢を達成するためには長年のハードワークと蓄積がなければならない」と、大会での険しい道のりを語っている。

「特定の精神的アプローチを見出す必要がある」と昨シーズン、決勝戦での敗戦後にも語ったことを前日会見でも話し「毎年、技術的にも戦術的にも進化している。大会制覇はより困難なものになっている」と謙虚な姿勢をみせている。

また「ユベントスは欧州のトップ8に入ることを一貫して目指している。大会制覇のためには、クオリティの高い選手を計画的に獲得し、勝利を積み重ねるには多くのハードワークが必要であり、モチベーションを維持する必要がある」とクラブ全体の方向性を述べた。

そして「最終的にモチベーションは違いを生むものだ」と前日会見を締めくくっている。かねてより「レアル・マドリーとバルセロナは世界最強チームのままだ」と話す一方で「目標を達成するために良い仕事をする必要がある。我々はグループステージをトップで終える必要がある」と野心を覗かせる一面もみせた。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。