デ・シリオ「ユベントス加入は名誉」 | ユベントス・ジャーナル

デ・シリオ「ユベントス加入は名誉」

image@Tuttosport

アッレグリとの再会にも触れる

ユベントスに今夏加入したDFマッティア・デ・シリオ(24)がビアンコネーロでのプレーを「名誉」だと『JTV』にて語った。

「ミランの下部組織ではフルバックだったけど、トップチームに昇格するときに今のポジションで確立した」

デ・シリオはミラン在籍時にアッレグリ監督から指導を受けた過去がある。

「アッレグリとの再会は僕にとって重要だ。ミランの時に彼との信頼性ができていたからね。他にも多くの若手がいたけど、アッレグリはいつも僕に助言をくれたし、彼のお蔭で地に足をつけて成長することができた」

続けてユベントス移籍の理由に触れた。

「ここには偉大なチャンピオンがいるし、イタリアや欧州を代表するトップチームだ。そんな仲間たちと共に過ごせることはとても名誉だよ」

ユベントスは次節、キエーボをホームに向かえる。

「次の試合は簡単なものではないし、キエーボは非常に組織的なチームだ。着実に3ポイントを得るため、しっかりと集中するよ。それにアリアンツ・スタジアムは相手にとって脅威だ。これまで敵としてここに乗り込んできたけど、サポーターの熱がとても強力だ」

セリエA第2節が終了して全勝しているチームは、ユベントス、インテル、ナポリ、ミラン、サンプドリアとなっている。昨季以上にヒートアップしそうな今シーズンは、序盤からしっかりと勝ち点を掴んでいきたい。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 名誉だけで終わらせない活躍を期待しています。
    あの覇気のなさはなんなんですかね。
    リヒトシュタイナーと見比べてしまう分余計に感じてしまう。

    0