キエッリーニが負傷 | ユベントス・ジャーナル

キエッリーニが負傷

image@www.eurosport.co.uk

バルセロナ戦への出場が危ぶまれる

現在、イタリア代表に招集されているDFジョルジョ・キエッリーニ(32)が、スペイン代表とのW杯予選を前に右足のハムストリングを負傷したようだ。1日の『TUTTO SPORT』が報じている。

イタリアのコヴェルチャーノで試合に向けた調整を続けていたイタリア代表だが、最終トレーニングで怪我を負ったキエッリーニは、マドリードへと出発するチームを離れ、トリノでユベントスのメディカルスタッフとともに再検査を行う模様だ。

イタリア代表にとっても痛手だが、ユベントスにとっても非常にネガティブなニュースとなった。現時点で詳細は明らかとなっていないが、3週間程の離脱が予想されており、チャンピオンズリーグのバルセロナ戦出場に黄色信号が灯った状態だ。

幸いにして先日加入し、ユベントスにとって特別な背番号「21」を背負うDFベネディクト・ヘーヴェデス(28)の加入が不幸中の幸いとも言うべきだろう。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。