モイーズ・キーン、今夏にクラブを去る可能性が浮上 | ユベントス・ジャーナル

モイーズ・キーン、今夏にクラブを去る可能性が浮上

image@Bleacher Report

次世代のエース候補が移籍か

ユベントスのFWモイーズ・キーン(17)に、移籍する可能性が浮上したと『Tuttosport』が伝えた。

2000年代生まれの選手として、セリエAで史上初のゴールを決めたキーンは、より多くの出場機会を求めて移籍を検討しているようだ。それに対しユベントス側は残留を望んでいるが、代理人であるライオラ氏の要求もあり、買戻しオプション付でクラブを出ることになる模様。

候補先として、ボローニャやクロトーネ、ヴェローナ、PECズヴォレ、ADOデン・ハーグがキーンに関心を抱いており、買戻しオプションをユベントスが行使する場合は、1500~2000万ユーロ程度になるとみられている。

これは以前ユベントスがレアル・マドリードとの間で交わしたFWアルバロ・モラタの取引と類似した状況だといえる。まだ17歳のキーンにとっては、より多くの場数を踏むことが成長に繋がるかもしれない。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 第2のアンリになりそうな予感買取オプションは外すべき

    0

  • ライオラが絡んでいるのが面倒。残留してもライオラの手によってロッカールームに不穏な空気を漂わせるくらいなら買い戻しOPでの放出もやむなしだが、ユベントスは下部組織登録者が少ないことから他の選手の呼び戻し等の何の手もうたないなら残留させるべき。現在7日にシックのメディカルチェックを再度行うという情報もあるのでそれ次第かと。

    0

  • 彼には才能はかなり感じるので、イグアインのサブとして使って欲しいですね。17歳なのでコンスタントに試合に出してあげれば成長するので、ユベントスで試合に出して欲しいです。

    0

  • まあ年齢的にレンタルは致し方ないのかもしれないがプレシーズンで既にある程度通用してたの見るともったいないなあ・・・。

    0